タクシードライバーの仕事

タクシードライバーの仕事は、ただお客さんを乗せて目的地まで送り届けるだけの仕事ではないのです。どのような仕事をするのか、見ていきましょう。

タクシードライバーの1日の業務とは

朝のお仕事は何がありますか?

出社したら、自分の車の車両点検や管理者による健康チェックを行います。呼気チェックや睡眠時間チェックなど入念に行います。

営業を始めるときはどんなところへ向かいますか?

繁華街や駅周辺へまずは向かいます。配車無線が飛んできたら急行できるよう臨機応変に対応します。

食事や休憩はどのくらいの時間取れますか?

日本交通に限らず多くのタクシー会社では勤務の中で3時間ほどの休憩が義務付けられています。昼どきなどはお客様が見つかりやすいので、食事時間には気を使います。

業務終了後はどのように動きますか?

業務時間を終え、事務所に戻った後は車を洗車します。また、タクシーの点検も同時に行います。その後は、報告書作成や売上金の納金を行い退勤です。

ズバリ「1日で稼げるコツ」は?

お客様の動く時間帯を把握することです。特急電車や飛行機の離発着時間を知り、駅や空港へ出向くほか、逆算して繁華街を流すことも必要です。

ウェブ予約可能

タクシー乗り場

すぐにでもタクシーを呼びたいということもあるかもしれません。しかしそういう時に限ってタクシーを見つけることができない、ということがあります。もしも事前にタクシーを呼びたい日時が決まっているのであれば、ウェブ予約をしておくとよいでしょう。日本交通ではウェブ予約をすることが可能なので、24時間いつでも予約の手配をすることができます。1日貸切りたいという場合にはハイヤーも予約することができるようになっているので、とても便利です。使いたい時にいつでも使うことができるのであれば、より利用しやすくなります。大手のタクシー会社なので稼働をしているタクシーの台数も多く、時間もしっかりと守ってくれるという安心感があります。

コストを知る

バス

タクシーというと費用がかかってしまう、というイメージがあります。しかし日本交通の場合にはキャッシュレス決済を利用することによって、1000円以上の利用で初乗り価格相当の410円がキャッシュバックされます。特定のキャッシュレス決済に限られてしまいますが、それでも利用をしていればかなりお得になります。初乗り価格も400円台になっているので、高額すぎるというイメージも払しょくされています。安心して利用をすることができます。

手間を省く

タクシーの模型

最近導入をするタクシー会社が増えているキャッシュレス決済ですが、おつりの準備をしなくてもよいということもあるので、乗務員の手間を大幅に省くことができるようになりました。日本交通でもキャッシュレス決済を導入しているので、利用をする頻度が高いということであれば、使ってみたほうが断然お得になります。予約をする場合には料金が発生しますが、それでもキャッシュバックのサービスもあるので、損をすることはないでしょう。

広告募集中