HOME>オススメ情報>40代以降の転職におすすめのタクシー求人ガイド

タクシードライバーに転職をしよう

あなたが今、自動車運転免許を持っていて、運転が好きで土地勘があるならば、タクシードライバーへの転職も視野に入れてはいかがでしょうか?

タクシードライバーになるために準備するもの

  • 基本中の基本「普通自動車第一種運転免許」が必要です。
  • 営業運転を行うため、普通自動車二種免許を取得します。
  • 第一種免許を取得してから3年以上経過していることが前提です。
  • 視力は第一種運転免許の条件に準じている必要があります。
  • 交通違反等の行政処分の執行中はタクシードライバーにはなれません。
  • 「新任運転者講習」の受講修了を義務付けている地域があります。
  • 首都圏・都市圏の場合、「地理試験」に合格する必要があります。
  • 「法令、安全及び接遇試験」に合格する必要があります。
  • 健康診断の結果など診断書類などを準備しよう。
  • 履歴書には運転経歴も記載するとよいでしょう。

景気に左右されず安定して稼ぐ

タクシー

景気に左右されず、細く長く働くことができると言われているのがタクシー業界です。常に求人があって比較的誰でもタクシー運転手になることができることから、定年退職後にこの業界へ再就職するという人も少なくありません。確かに、バブル期にはかなり儲かる仕事として人気がありましたが、今でも景気にあまり左右されること無く、細く長く続けることができるのがタクシー業界の魅力であります。最近では、女性の運転手も増えて評判を呼んでいます。女性の運転手の場合接客が丁寧でプロ意識も高く、何よりも女性の利用客から評判を呼んでいるのです。男性が中心の業界ではありましたが、安定して稼ぐことができるとあって女性の参入が相次いでいるのです。

休みがしっかりしている

タクシードライバー

意外と休みがしっかりと取れるのがタクシーの求人です。タクシー運転手の勤務形態は、日勤と夜勤、それに隔日勤務に分かれているため、しっかりと休みが確保されています。また、勤務中に休憩を適宜入れることができます。

未経験でも始められる

タクシー乗り場

タクシー求人の強みは、何と言っても未経験者を大いに歓迎していることです。定年退職者の再就職先としても人気が高く、道を覚えさえすればどんどんと客をとって仕事に励むことができます。未経験者を歓迎する業界です。

広告募集中